【2018年最新】全国神社パワースポットランキング

全国の人気パワースポットの神社を紹介

*

七五三 東京人気神社ランキング

七五三の由来は、5代将軍の徳川綱吉の長男、徳川徳松の健康を祈って始まったと言われています。
現在では全国で盛んに行われていますが、元々は関東圏から始まり後に京都・大阪でも行われるようになり、だんだんと全国へ広まっていった。一応11月15日が七五三の主の日にちではありますが、だいたい10月から11月の日柄や両親などの都合の良い日にちが選ばれています。

「七五三」という名前から、都度同じ行事をするように思われますが、それぞれの年齢で異なった行事です。発祥の地である関東地方では、以下のように考えられています。
「数え年3歳(満年齢2歳になる年)」「髪置きの儀」主に女の子が対象
「数え年5歳(満年齢4歳になる年)」「袴儀」男の子が対象
「数え年7歳(満年齢6歳になる年)」「帯解きの儀」女の子が対象

江戸時代の女の子は3歳まで髪の毛を伸ばさず剃っていた風習があり、3歳で剃ることが最後になるため「髪置(かみおき)」、男の子は5歳で初めて袴を着る「袴着(はかまぎ)」、女の子は7歳で、今まで子供用の着物だったのが、本仕立ての着物と丸帯という大人の着物に変わる「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の儀式となっています。

七五三と言えば千歳飴ですが、千歳飴は子供の長寿の願いを込めて、細く長くなっています。鶴や亀や松竹梅などの縁起の良い絵の描かれた千歳飴袋に入れられています。これも江戸時代からの風習で浅草の飴売りが売り出したのが始まりと言われています。


明治神宮
明治神宮

明治天皇と昭憲皇太后を祭神とする。初詣では例年日本一の参拝者数を集める。

住所:東京都渋谷区代々木神園町1番1号


日枝神社
日枝神社

江戸三大祭の一つ、山王祭が行われる官幣大社。大山咋神を主祭神とし、相殿に国常立神、伊弉冉神、足仲彦尊を祀る。

住所:東京都千代田区永田町2丁目10番5号

大國魂神社 大國魂神社

社伝『府中六所社伝』などに記された伝承によれば、景行天皇41年5月5日に大國魂大神がこの地に降臨し、それを郷民が祀った社が起源という。

住所:東京都府中市宮町3-1



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8359029747903773"
data-ad-slot="4887772333">



神田明神
神田明神

神田・日本橋・秋葉原・大手町・丸の内・旧神田市場・築地魚市場など108か町会の総氏神である。

住所:東京都千代田区外神田2丁目16番2号


湯島天満宮
湯島天満宮

古来より江戸・東京における代表的な天満宮であり、学問の神様として知られる菅原道真公を祀っているため受験シーズンには多数の受験生が合格祈願に訪れる。

住所:東京都文京区湯島3丁目30番1号


大宮八幡宮
大宮八幡宮

源頼義により建立された。武蔵国の三大宮の1つで「多摩の大宮」とも呼ばれ、境内は15,000坪と都内でも3番目の広さを持つ。

住所:東京都杉並区大宮2-3-1


富岡八幡宮
富岡八幡宮

建久年間に源頼朝が勧請した富岡八幡宮(横浜市金沢区富岡)の直系分社である。大相撲発祥の地。

住所:東京都江東区富岡1丁目20番3号


井草八幡宮
井草八幡宮

青梅街道沿い、早稲田通り沿いにある。都内でも有数の広大な社叢を誇る。この地域一帯は遅野井とも称され、明治期までは遅野井八幡宮とも呼ばれていた。

住所:東京都杉並区善福寺1-33

関連コンテンツ

公開日: